今回は「可視化」について書きます。



営業マンでいる以上、日々目に見える「数字(実績)」
(可視できるモノ)は付き物です。



「私は実績以外のモノもなんでも可視化できたらいいのになぁ。」
営業コンサルティングを行って
いて、たまに思うことがあります。



勿論、営業マンの対応件数や、対応時間、業務時間等、
実績以外の数字も見えます。


しかし私が見たいモノは、それではないのです。


047



営業マンが成長するプロセスにおいて、
「どうしても数字が出ない」時期があります。





ただ、その営業マンの日々の業務を見ていて、面談や雑談で話していて明らかに“仕事の質”が変わっていることがわかります。



しかし、これは数字には表れません。
(後になって確実に数字に表れてきますが…)





この期間に営業マンが評価されないのは
私としても面白くありません。



営業マンは成約すれば数字になりますし
成約しなければそれも悪い意味で数字になります。



「勝てば官軍、負ければ…」というわかりやすい仕事です。



しかし、その“結果”と同じくらい
いやそれ以上に大切
なものが“プロセス”だと
私は考えています。



だからこそ、そこのプロセスを見せたいと思うのです。

046


そこで必死に数字を上げようとしているが
“まだ”上がっていない営業マンに、私はある試みをしました。





「対応する“お客様の気持ち”を可視化させ、
その結果を数字で追わせる」

という試みです。



彼は必死に自身の数字を追いかけ、分析し、
最短で成果に繋げました。



機密事項の関係もありあまり深くはお話できませんが
お客様の購買意欲の切り分けにより、
「アプローチ方法を明確に変える」というものです。





結果が出ていない間も「ちゃんと見ている人は見ている」ことだけを伝え、
必死にやり彼は化けました!!



私自身も「このように導けば…」という勉強になった事例です。





数字が出ず、素晴らしいプロセスを可視化できない時期は
わかりやすく分析できる材料を本人に明示し

「自身がやっていることを“自身で可視化させる”。」





これが成功の近道のように思います。



今日もクライアントに感謝し、邁進していきます。




株式会社 ウィングパートナーズ 
オフィシャルサイト:http://www.wing-p.com/
資料請求・お問い合わせはこちら

E-mail:info@wing-p.com

TEL:042-310-9914
FAX:042-310-9915
9:00~17:00(土日祝休)