こんにちは。

営業の仕事は、言ってしまえばお客様との心理戦です。

わかっているようで、現場では忘れがちなことです。

『自社商品を相手(お客様)にいかに必要に魅せるか?
 いかに安く魅せるか?そして、どれだけ利益を得るか。』


これが、営業マンの仕事です。

しかし、毎日同じ仕事を繰り返していますと
どうしても忘れがちになってしまいます。


ぜひ、これは忘れないでください。

どの職種の営業マンも、

『自社商品を相手(お客様)にいかに必要に魅せるか?
 いかに安く魅せるか?そして、どれだけ利益を得るか。』

日々この繰り返しなのです。

そして、もちろんお金が必ず絡んできます。

お金の話になると、相手は少なからず慎重になります。

商談でのお金の会話は“一言”ではなく、たった“一語”で
良くも悪くもお客様に伝わる印象が変わってしまうのです。

イメージとしてはこちらが不利になることは小さく、
有利になることはとにかく大きく魅せるのです。

簡単に言うと、

「100円!!」と言うか、「100円しか!!」と言うか。

050

たったこれだけで相手が聞き入れる
“100円”という情報が高く感じるか
安く感じるかが違うのです。

些細な事ですが、たったこれだけでホントに
印象が変わってしまうのです。

もちろん、前に
「普段は80しか値引きしないけれど100…」
120円のところ、100しか頂きません。」
というようなことをジャブとして言っておきますが…。

あなたは商談時に金額の話をする際、
このように“一言”ではなく“一語”に気を付けて
話をしていますか?

 

「当たり前じゃないか。」とお思いのあなたには、
次回もう1つのテクニックをお教えします。

お楽しみに!



株式会社 ウィングパートナーズ 
オフィシャルサイト:http://www.wing-p.com/
資料請求・お問い合わせはこちら

E-mail:info@wing-p.com

TEL:042-310-9914
FAX:042-310-9915
9:00~17:00(土日祝休)