今回は「チームビルディング」の話をします。

サッカーに詳しくなくても、日本の多くの方が
ロシアワールドカップの試合やニュースを
観ていると思います。

 

サッカーをやっている私も普段、
サッカーを観ることはないのですが、
さすがにワールドカップとなると
深夜でも結構な試合数をテレビで観ています。

 

先日、決勝トーナメント1回戦で敗退してしまいましたが、
日本代表の検討は素晴らしかったですね。

 

普段一緒にプレーしていない選手が集まって、
代表チームができ、11人で90分を戦う。

 

個々の性格や、プレースタイルがわからない中で
レギュラーメンバーの人選をし、戦術を立てる…。

 

監督はじめ、コーチングスタッフは、
想像できないくらいの神経をすり減らして
仕事をしていたと思います。

 

トップに立つ選手を1つにまとめるのは
尋常なことではないでしょう。

 

大会直前での監督交代劇…。

 

西野監督に白羽の矢が立ち、覚悟を決め
戦いに挑んだことは感動に値する英断です。

 

その覚悟が伝わって、日本代表は一つになり、
とてつもない力を発揮した。

 

その後の会見で、日本代表からは退くという
長谷部誠選手に対し、涙を流しながら彼への
熱い思いを語っている吉田麻也選手の会見を観て
涙する私…。

 

 

 

営業コンサルをやっていて思うのですが、
しっかり数字を作っている店舗・支店は
営業マンがチームになっています。

 

一方、数字が上がっていないところは、
個々の営業マンがそれぞれで仕事をしています。

 

抽象的な表現ですが、間違っていません。

 

 

私が営業マン時代、年に2回コンテストがあり、
年次ごとの優秀者が海外・国内旅行に行けるというものでした。

 

コンテストだからということで
私自身が力を入れたということではないのですが、
私が属していた店舗で教育をしていた営業マンが
一人でも多く行けたらと思い、
色々なサポートやアシストをしました。

 

とにかく、他の店舗に負けたくなかった思いと
みんなで行きたいと純粋に思った言動でした。

 

そこである先輩が「なぜ、そんなにやるのか?」
という質問をしてきました。

 

今思うと、「チーム」だからです。


067
 

極端な話ですが、営業マンは自分の成績だけを
追いかけていれば評価が悪くなることはありません。
むしろ、「彼だけ頑張っているな」と、
高評価をもらえるでしょう。

 

サッカーと違い、営業は個人プレーです。

 

しかし、もう少し俯瞰してみると
営業マンが集まった「会社」の中の「営業チーム」です。

コミュニケーションを取り、成功・失敗事例を共有し、
改善できる営業チームは絶対に成長し、
常勝軍団への近道を歩みます。

 

マネジメントをしている立場でなくても、
営業マンからチームは作れます。

 

チームビルディング、営業マンにとっても
とても大切な要素です。

 

日本代表の姿を涙しながら見てそう思いました。

 

066
 

日本代表、お疲れ様でした!!
感動をありがとう!!



株式会社 ウィングパートナーズ
代表取締役 酒井 亮 

オフィシャルサイト:http://wing-p.com/

 
資料請求・お問い合わせはこちら

E-mail:info@wing-p.com

TEL:042-310-9914
FAX:042-310-9915
9:00~17:00(土日祝休)